前川(ビーチ)喜平氏と「朝日新聞」の悪質な結託報道のことは、自民党:和田政宗議員がしっかり把握していた。|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』

自民党和田政宗議員が早い段階で的確にネットなどでも発信している通り、加計学園騒動の発端となった朝日新聞の記事のネタ元は(ビーチ)前川喜平氏で、そのネタの信憑性の裏とりをしたのも、なんとその同じ前川氏…。報道機関としてありえない”禁じ手”を使ったわけですが、朝日新聞さん、実のところ、今までも同じようなことずっとやってきたんじゃないですか?もっと”余罪”なんかもあるんじゃないですか?・・・(呆)|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』

★ニコニコチャンネル/社会・言論/「ちょっと右よりですが・・・」
花田紀凱[月刊Hanada]編集長の「週刊誌欠席裁判」

YouTubeを含め下記プラットフォームにて毎週土曜日12:30~生放送。
YouTubeLIVE:http://www.youtube.com/c/tyottomigi/live
ニコニコ生放送:http://ch.nicovideo.jp/channel/tyotto-migi
Fresh!:https://freshlive.tv/ctm

毎週土曜日12:30~生放送です。
快進撃を続けるNo.1!保守系言論誌『月刊Hanada』の編集長:花田紀凱が、最新の”あの”ネタを、各週刊誌からピックアップ!多くの言論系人気番組をプロデュースするオンザボード代表:和田憲治とともに、日本一硬派(ちょっと右寄りw)でフリーダム?な政治談義を、毎週ゆる~くお届けしています。

「週刊文春」や「月刊Will」をはじめ、雑誌編集の最前線で活躍してきた花田紀凱編集長ならでは視点で時事ネタをタブー無しでバッサリ斬りまくり。「新聞やテレビから流れてくる報道や情報ってなんか変じゃね?」って思いませんか?そんなあなたはぜひ!

あわせて読みたい

9件のフィードバック

  1. namitakasi nihonkai より:

    西村さんに言っときますが、「~~は社是」は隠喩・メタファーだけど、朝日の人間はバカばっかりだから「そんな社是はない!」と言って訴えられるかもしれませんから「~~は社是のようなもの」と言い換えたほうが良いでしょう。バカに分かり易く言ったほうが良いでしょう。ヒヒヒヒ。

  2. なか より:

    (ビーチ)って書いてあるのが面白いww

  3. 元ネトウヨ現マットウ より:

    揚げ足取りの手続論を突いても、本件の本質的な蓋然性は国民に不信感を抱かせた。朝日の慰安婦記事は酷いと思うが、しかしながら本件について我々は朝日の記事に振り回されていない。閣僚の答弁・役人の答弁を聞いていると自ずと加計森友問題に正義はないと思います。法律的にどうかという問題でもない。権力者は抑圧的にその権限を行使しなければ国民からの信用を失う。左を批判することに己の立ち位置を確立しようと試みるエセウヨク識者達。是々非々で正々堂々と日本国家を良い方向へ導きましょう。

  4. Kaori Takahashi より:

    不思議ですね? 社員全員が真っ赤なウソにno と言えないんですか?
    誰が考えても狂ってますよ、朝日

  5. san nonononosan より:

    泥棒に貴方は泥棒ですか?と聞いて、私が泥棒ですと答えるわけないと言っている訳ですね。なるほど。

  6. 小田実 より:

    花田、その証拠出せよ。証拠あるんだろう?なんで和田政宗は国会で証拠出さないの?

  7. Android GG より:

    文章を持ち込んだ人に、これは本物ですか?と確認すれば、そりゃ本物と答えるわな(笑)

  8. shdenkai より:

    前川は、赤い赤い学び舎の歴史教科書の検定を通した責任者です。灘、麻布などのエリート校が採用しています。国賊売国奴です。
    前川は隠れて共産党員のようです。

  9. hirobon1023 より:

    慰安婦強制連行の吉田の本も裏を取っていません。朝日新聞の知的レベルが低い例、1993-1994にかけて、朝日新聞は現地調査もせず、日本はドイツの戦後補償を見習え大キャンペーンを張りました。ある識者の指摘で、大々的に現地調査をしたら、ドイツの戦後補償は日本の1/10以下でした。この件も、謝罪はしていません。大笑いは朴槿恵前大統領がこれを真に受けてヨーロッパで大々的に喋りました。朴槿恵は大恥をかきました。元首相の細川も朝日に騙されたようです。細川は今も朝日の反原発キャンペーンに乗っているので、昔からバカだったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です