「2位じゃダメなんでしょうか?」で責めないで欲しい蓮舫議員!そういや二重国籍の説明責任は果たしました?

※2018年1月31日のKCGX生放送より

<毎週水曜夜9時は YouTuber KAZUYAのニコニコ生放送!>

全編視聴できる会員チャンネルは
↓↓↓↓↓↓
ニコニコ生放送→http://ch.nicovideo.jp/kazuyagx2
Fresh!→https://freshlive.tv/kazuyagx

生放送はこちら→https://www.youtube.com/user/kazuyachgx/live

Youtuber KAZUYA
満を持して遂にニコニコ公式チャンネルに降臨!!!
生放送では更に突っ込んで更に分かりやすく。

そして、どこまでもユルく!?

KAZUYAの新境地に乞うご期待!

立憲民主党へ移籍した民進党元代表の蓮舫議員は、民主党政権時の事業仕分けで「2位じゃダメなんでしょうか?」と発した場面が取り上げられることにウンザリしているそうです。しかし、ご自身の発言ですからね。その発言に信念はなかったということですね。それよりも蓮舫議員は二重国籍疑惑の説明を果たされていないのはどう思っているのでしょうか?台湾の国籍離脱証明書の偽造疑惑など、二転三転しました。2位じゃダメなんでしょうか発言や二重国籍問題が風化してくれるのをただ待って説明責任を果たさない国会議員が国会で追及しても、何の説得力も持たないのでは?
————————————————

★ニコニコ生放送|KAZUYA CHANNEL GX2 http://ch.nicovideo.jp/kazuyagx2

▼Youtube KAZUYA CHANNEL https://www.youtube.com/user/kazuyahkd

▼KCGX Facebookページ https://www.facebook.com/kazuyachannelgx/

▼@kazuyahkd|KAZUYA Twitter https://twitter.com/kazuyahkd

▼KAZUYA Blog http://kazuyahkd.com/

▼KAZUYA Photo Blog http://kzy-photo.com/

▼CH運営Twitter|@media_otb https://twitter.com/media_otb

あわせて読みたい

10件のフィードバック

  1. 丹羽信道 より:

    四位のスパコンに肩入れした安倍政権は最低じゃ。山本太郎を睨み付けてだ女性議員も二重国籍。かけ学園関係者。

  2. シドニーおかん より:

    蓮舫が 日本のスパコンの足を引っ張った事実

    さすが赤い議員!

  3. cdec25 より:

    中国国籍をもっている可能性がある上に、1位は中国でという意味だから問題なんでしょう。

  4. 翠玉 より:

    やはり明確な区別が必要 今一度ルールを見直すべき

  5. 布団君 より:

    国会議員が日本国籍なのは大前提として議員になる時に日本の国益や日本国民のために働きますって宣誓させればいいんじゃない?勿論破ったら辞職で

  6. オールドタイプ研究所 より:

    日本、台湾、韓国、北朝鮮、中国・・・・・五重じゃないの?

  7. Hide Hata より:

    一生消えないよ~。あなたの事業仕分けのせいで災害多発ですから~。

  8. masahiro baba より:

    レンホーは「自分い都合の悪いことは忘れてくれ。でも森友は反万年忘れはしない」だからなw

  9. ゆうリンチ より:

    二位じゃダメなんですか?
    二重国籍じゃダメなんですか?

  10. 神風掃除野郎 より:

    二重国籍問題を蓮舫本人が認めたが、公文書を公開をした時の証明写真が選挙ポスターであり
    証明写真になり得ない為に偽造である事が証明されました。
    しかし、全く逮捕されずにのうのうと議員をやっている。
    俺は蓮舫が住む地域を取り締まる警察署、警視庁そして警察を監督する公安へ抗議をしたが
    蓮舫は逮捕をされなかった。
    警察は、この手の事件への知識が薄い。
    知識が低いために動けない。
    それが常習化し、動かない、に変換されている。
    我々日本人が必要な事は、日本人の人権をもっと強く主張し守って行くことにある。
    その為に警察をどう変えて行くか、公務員をどうまともに働かせる機関に戻すかである。
    違法賭博のパチンコを取り締まらなかった警察を許してはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です